おさんぽ時々旅きろく

体力不足な私の散歩や旅の思い出の記録。身体の弱い虚弱体質な人の外出の参考になれば幸いです。もし途中で体力増進し元気モリモリになったらごめんなさいね🙇(お散歩は「癒しの時間」カテゴリーにしています。)よろしくお願いします。

ぶらり/in 桜井二見ヶ浦

快晴で青空一杯な日。

気温も16℃位。

虚弱体質なわたしの体調も良し!

なので!☆☆☆海に行って来ました。

 

私の移動手段は、車のない生活なので、電車&バスです。
今回の目的地は、【桜井二見ヶ浦の海景色】を眺めに行きます。

<順路>
九大学研都市駅→(バス)PALM BEACHで下車 →ランチ
→(徒歩)桜井二見ヶ浦→折り返してバスで帰路へ

 

 

 

まずは電車JR筑肥線で「九大学研都市駅」降車。

駅のバスのりばの真ん中辺りに、観光客向けの乗り場案内が設置されていました。
f:id:Natsucan:20210220172942j:image

 この案内は、ありがたいことに写真付きなので、一目で行きたい場所を目で追うことが出来ます。

糸島の観光雑誌で目にした内容を探せますね☆

 


バスは、九大学研都市駅のバス停2番線のりばから乗車しました。

路線は、昭和バスの西の浦線です。


車窓からの景色は、今津湾周辺を通過し、北崎・花鯛郷の静かな自然に囲まれた風光明媚な地域を眺めることもできました。バスに乗って思ったのは、このバスはここで暮らす人達には欠かせない乗り物であるのだなと思いました。地元のおじいちゃんおばあちゃんがヨッコイショと乗り降りされていました。

 

さて話は戻り、やはりこの沿岸部コースには車があれば、何度も途中下車して立ち寄りたい場所がある経路でした。


f:id:Natsucan:20210220173213j:image


「糸島食堂」、「海づり公園」、「かき小屋」、「ざうお本店」、また観光雑誌で見たアートが一杯なフォトジェニックな場所等も横目に通過です。
そうこう走っていると「西の浦」に入って→「PALMBEACH」で下車。片道約25分位でした。

バスの女性運転手さんの笑顔もいただいて得した気分で下車☆


f:id:Natsucan:20210220172724j:image

お腹が空いたので、BEACH CAFE「SUNSET」に入りました。

CURRENTの姉妹店みたいです。

店内からの青々とした海景色が眺められる木の温もりが心地よいお洒落なCAFEです。

眺めの良いアウトサイドのテラス席は、風が少し強くなっていたので、店内で食べることにしました。


f:id:Natsucan:20210220172556j:image

「糸島豚のスパイスキーマカレー」を食べました。お惣菜が彩りよくて綺麗です。

 

そうそう↓この下の青い大きな入れ物なのですが、SUNSET店の入り口に置いてあって、

ナイスドリンク ビーチクリーンをしてくれた方【一人一袋】take out drinkサービスします。』とあり、ビーチカフェならではの粋なサービスですねえ。

海の環境保護に取り組んでいますねえ。私も海が好きなので海の景観を保つことに共感します。これを読んでクリーンアップしたくなったのですが、今回は久々の体力試しもあり控えました。とっても良い企画サービスですねえ☆☆☆


f:id:Natsucan:20210220172617j:image

 

腹ごしらえも終わりお腹も満足して、ビーチのお散歩タイムです。

 


f:id:Natsucan:20210221165006j:image

 ほんとうに気持ちいい!


f:id:Natsucan:20210221165029j:image

波の音と潮の空気がたまらなく心地よくさせてくれます。


f:id:Natsucan:20210220172527j:image


f:id:Natsucan:20210221165113j:image桜井二見ヶ浦夫婦岩

夫婦岩ということもあってかカップルやご夫婦が目につき、辺りには幸せが漂っています☆


f:id:Natsucan:20210220172809j:image

 

またこの桜井二見ヶ浦は、古来より櫻井神社の社地とされた神聖な地とか。

 神聖な場所を訪れて新たな心地になったところで、来た道を引き返します。

 

 バスは一時間に一本なので、時間を計算してぶらぶら歩くといいと思います。

 

来た道を歩いていると海側に建てられたシンプルなデザインの<二見ヶ浦商店>で、テイクアウトのほうじ茶ドリンクを買って飲みました☆


f:id:Natsucan:20210221175615j:image

ベンチで海を見ながら帰路のバスを待機したかったのですが、風が強くなりとても長くベンチに座って海を眺めてはいられない状況になってしましました。

でもそんな状況でもほうじ茶の味わいは、透き通ったような味わいで美味しかったです。

 

 

さて帰りのバス停に向かうと、その近くにインスタ映えの定番スポットSUNSET の小屋があって、(ランチをしたSUNSETの道路を挟んだ側)
f:id:Natsucan:20210220172303j:image


強風だったので、私は中に入ってバス待ちしたくて、中にいらっしゃるカップルさんには申し訳ないと思いながらも遠慮なく少し風避けできました。

 

 


f:id:Natsucan:20210220172205j:image

 

ブルーグリーンの海景色の眺望により、

コロナ禍による自粛生活での数ヵ月ぶりのリフレッシュができました。

虚弱体質な女性一人でも行ける場所「桜井二見ヶ浦」でした☆☆☆

 

所要時間:約2時間35分(JR筑肥線 九大学研都市駅からバスと徒歩と滞在時間の合計時間です)

 

  

参考まで立ち寄った場所

◆桜井二見ヶ浦
〒819-1304 福岡県糸島市志摩桜井3777-1
パーキング有

◆beachcafe SUNSET

福岡市西区西浦284
パーキング有
テラス席有(海岸周辺のカフェレストランは、ほぼすべてテラス席有)

二見ヶ浦商店 OYATU-STAND

福岡市西区小田2198-3

toilet有(toiletドア前からの眺めがナイス♪)

 

 

 

わたしの珈琲の淹れ方

 

私の日々の珈琲の淹れ方は、ハンドドリップです。

すでに挽かれた状態のコーヒー粉を購入して、1つ穴の台形ドリッパー(メリタ式)で淹れています。

 

f:id:Natsucan:20210124160023j:image

 

 

 

沸いたお湯をしずかーにぐる-りぐるーりと注ぐと

ゆっくり じわりじわーり 

カップに味わいの水滴が落ちていく時の香りがたまらなく好きです。

珈琲アロマテラピータイムです!

 

f:id:Natsucan:20210124160051j:image

 

時にコーヒーの専門書を読んでみることもあります。

ハンドドリップの「淹れ方」の基本を確認したくて、

数年前に購入した本があります。
f:id:Natsucan:20210131113642j:image

この本は、 シンプルな説明がとてもわかり易く初心者にも優しいと思います。

 

 


f:id:Natsucan:20210124160023j:image

 



 


f:id:Natsucan:20210124160115j:image

 

f:id:Natsucan:20210124160145j:image

私は KEYコーヒー派なのですが、今回はスターバックスのハウスブレンドを使いました。

 

 

 

 

先ほどご紹介した私の珈琲の参考書の表紙がまた良いのです。

心が和むイラストの表紙なのです。


f:id:Natsucan:20210131113725j:image

珈琲焙煎家の狩野知代さん、藤原ゆきえさんの本

「休みの日には、コーヒーを淹れよう。」です。

 

 

この本を広げるだけでも、どこかの穴場カフェに行ったかのような思いにさせられます。

 

 

カフェ探索の外出ができない今は、こういう書籍を再び開いてみるのも良いですね~。

 

以上、わたしの珈琲の淹れ方でした!

 

大濠池のおさんぽへ

2021年1月元旦を無事に迎えました。

新年明けましておめでとうございます。

 

コロナ禍のお陰で、年末年始の計画していた九州旅行はあきらめたので

静かに餅を食べて過ごしていました。

 

親自慢のお取り寄せお節料理は、ウィルス対策上一緒に食べられないので、

私との接触を避けるために

既にタッパーに入った状態のものを冷蔵庫から見つけ取り出して、

自宅に持ち帰って頂きました。

 

なんか淋しいね。

 

でも仕方がないね。

 

手短に立ち去る玄関で、「お母さん飴ない?」等と手の平で受け取る時に、

「ささっ。」と母は私の手の平にうまく触れないように置いてくれたね。

家族の気遣いだね。

「じゃあお母さん行くよ。ドアノブ除菌スプレーするのだよ。」

とそんな慌ただしい年明けでありました。

 

 

 

 

 

 

 さてさてコロナウイルスが日本にやって来るとは思っていなかった以前は、

闘病を卒業して落ち着いてきて、さあこれから楽しむぞっ!

てな時だったので、かなり拍子抜けな思いです。

 

 

でも日本全体世界全体みんなも同じ思いなのだから、致し方なかですねー。

と言い聞かせてますー。( ´_ゝ`)

 

なので、気分転換にお散歩へ行きました。緊急事態宣言の前の静かな1月前半です。

 

 

地下鉄で大濠公園oohorikouenで下車をして、3番出口を出て郵便局を左手にして少し歩くと左手に大濠公園の入り口に入ります。

入っていくとお散歩の人や家族やカップルの人達が公園に訪れていました。

コロナ禍の緊張感から離れて心穏やかな拠り所です。


f:id:Natsucan:20210107231843j:image

大濠池では、鳥たちが伸び伸びイキイキ!しゃべりまくっています!

 

 


f:id:Natsucan:20210107231922j:image

「スーイスイ」と泳ぐ鳥の姿や鳥の賑やかな声が、穏やかーな気持ちにさせてくれます。

 

人々で賑わうボート乗り場を通りすぎて、

一度は池の真ん中のほそーい島の道を歩いてみたかったので行ってみました!


f:id:Natsucan:20210107231954j:image

福岡市美術館が左手に見えます。


f:id:Natsucan:20210107232045j:image

久しぶりの晴天で気持ちいい。

ダウンコートが暑い。

スターバックスではないお茶のカフェに行きたかったのだけども

残念CLOSEDです。

もう少し先に行くと池を見渡せるスターバックスがありますが、

日本庭園に立ち寄りたく行ってみましたが、

残念ながら開いてませんでした。

 

日本庭園の観覧が好きなので、次回美術館と一緒に行きたいと思います。

 

 そうこう歩いていると

福岡縣護国神社(ふくおかけんごごくじんじゃ)が見えてきました。


f:id:Natsucan:20210107232113j:image

せっかく来たので、神社に寄りました。こちらでは1943年創建、明治維新から大東亜戦争までの福岡出身の英霊13万柱祀られているそうです。

 


f:id:Natsucan:20210107232132j:image

マスクをしてコロナウィルス対策を呼び掛けていますね!

 

 

この後、大濠公園に戻ればカフェにも行けただろうに私は道をそれてしまい、だいぶ歩くこと15分…。

フゥフゥ…。

 

ダウンコートがやはり暑い〰️・・・(;´Д`)

 

でも何だかんだ言っても

 

こうして体力が増進したのだから、

 

私は嬉しい!

 

何度も感染拡大の波が押し寄せてくるけどコロナに負けんよー。

 

さあ年明けの大濠公園のお散歩もして免疫力を少しでも付けることができました!

 

以上歴史と文化に触れられる大濠公園のおさんぽでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリーンアップと珈琲

f:id:Natsucan:20201204090051j:image

 この写真は11月の時に海のゴミ拾いに行った時のもの

 

 

12月は、風邪を引いていられないので、海のクリーンアップはお休みしました。

 

 

ウォーキングのように沿岸部をリズム良く歩くのは、

体がぽかぽかと温まって気持ち良いものですが、

 

冬の気温が低い日の海のゴミ拾いは、リズム良くは動かないためか海風が冷たく感じます。

冷え性の私にとっては正直寒い―。

 

 

収集ゴミの中でも8ミリ程のちいちゃいプラスチックゴミを収集する時は、

ジーーッとしゃがんで

トングでビニール袋に入れていくのですが、

運悪く海風で「ババババッ!!!」と一瞬でゴミが入ったビニール袋がはためいてしまった時には、集めたゴミが飛び散ってしまったのには参ったな。

 

「あららら。」

「…。」

 

 

 

 

でも、一通りの作業を終えて、家に帰って飲む珈琲はたまらなく美味しかった。

 

 

 


f:id:Natsucan:20201222165936j:image

 先日、はてなブログ「グループ」を見ていたら、私の好きな珈琲のグループに入りたくなって、

珈琲への愛を書いてみました!

 

hatenablog.com

 

 

そして、参考にさせていただいたブログ記事お二つです。

nonbiricoffeelife.hatenablog.com

 

kozukaisite.hatenablog.jp

 

わたしもドキドキしながら、はてなブログ勉強中です。

 皆様よろしくお願いしますm(*^-^*)m

 

 

 

 

今年は中止のイベントの思い出

昨年度の秋の夜に素敵なイベントに行っていた写真の整理していたら出てきたので、記録にあげておくことに。

 

「博多旧市街ライトアップウォーク2019 千年煌夜」というパンフレットが街のあちらこちらで目にしたのがきっかけでした。

 

福岡市の夜の神社仏閣をライトアップした素敵なイベントが2019年10月の半ばに開催されました。

足の怪我による不具合もだいぶ安定して、歩行力もついてきたので、行ってみることにしました。


f:id:Natsucan:20201103225104j:image

 

事前にチケットをネットで購入。チケットはスマホQRコードです。

一か所ずつ入場の度に入り口で、QRを差し出してピッ。として入場できました。

【有料会場として】
櫛田神社(注連懸稲荷神社)、承天寺(方丈・開山堂)、東長寺妙楽寺円覚寺、本岳寺、善導寺、妙典寺、海元寺、龍宮寺

【無料会場として】
櫛田神社(プレミアムステージ)、承天寺(仏殿)、正定寺(山門)、一行寺(山門)、博多千年門、葛城地蔵尊

 

 参照

博多旧市街ライトアップウォーク2019 千年煌夜 | 公式 福岡 市政だより WEB版 NEWS福岡市博多区, 2019/10/01

 

神社仏閣が立ち並ぶ博多旧市街を暑くもなく寒くもない気候で、動きやすかった記憶があります。

 

 


f:id:Natsucan:20201103225145j:image

東長寺の建物が、ライトアップされて一層に厳かな雰囲気が浮かんで幻想的でした。


f:id:Natsucan:20201103225219j:image

 

夜心静かに歴史を巡り感じることができるウォーキングなんて、

良いですねぇ(^^*

 


f:id:Natsucan:20201103225319j:image

承天寺では庭園のライトアップと音楽のアートな演出が印象的でした。

 

昨年度に思いきって行って良かったなあ。と今のコロナ禍の中ではしみじみ思わされます。

 

来年度は、新型コロナウイルスの感染が収まって、こうした美しい感動を与えられるイベントに参加したいものです。

 


f:id:Natsucan:20201103225354j:image

 

写真の整理で出てきた懐かしい思い出記録でした♪

 

 

(*^-^*)/

 

 

 

マスクとわたし

1~2ヶ月位前からだったろうか、近所のスーパーでは沢山の種類のマスクがずらりと

並ぶようになった。


f:id:Natsucan:20201103233104j:image

2月末の休日にマスクが入らなくなって、4月末だったか3枚入りのマスクを偶然見つけた時のあの感動は忘れはしない。

マスクを手にして私は涙ぐんでしまったそんなあの日から7か月が経った今、

スーパーや薬局ではコロナ前には当たり前に並んでいたマスクが戻ってきて、

心の平安が訪れた様な思いで、店頭で私は見つめてしまう。

使い捨てマスクを洗って干して再利用もした時もあった。

 

元癌罹患者だったこともあって、マスクの必要性がある今まさに闘病中の人達のことが心配でならなかった。

でも今は、多くのマスクを手掛ける企業さん達が、真剣に頑張って努力して国民のために作ってくれたお蔭のマスクが並んでいる。

 

有難いですね。

 

何度見ても心の平安を感じる今日この頃の私です。

 

そして、アベノマスクこと「ガーゼマスク」は批判が多かったのですが、

私は嬉しかったです。

 

f:id:Natsucan:20201103233154j:image

何故なら私は、長いこと日常使いをしてネット注文をしていたのだれけれど、

ある日新型コロナウイルスによって、入手できなくなって困っていた一人でもありましたので、届いた時は助かりました。

お礼を言う所が無いので、ここで「ありがとう!」です。

 

人はあって当たり前のモノが無くなると一生懸命に知恵を絞ります。

私も他の女性の皆さんと同様に手芸ショップに駆け込みましたもんね。

 

YouTubeを見ながら、自分で何度も型を自分用に作ったりを繰り返して、

必死でした。

お蔭で、自分でマスクを作れる様になって。

 

 
f:id:Natsucan:20201103233208j:image

今では柄を選ぶ余裕もできました。

取りあえず、「ホッ」と過ごせるようになれました。

 

これ以上感染拡大が増えませんように。

 

 

 

原田治 展

原田治展 10月半ばに行ったんだよ-♪
f:id:Natsucan:20201010113654j:image

 福岡アジア美術館 にふらりと密らない時を見計らって行ってきたよ。

 


f:id:Natsucan:20201102225508j:image

わーなつかしいー♪ と つぶやく!

f:id:Natsucan:20201102225815j:image

 


f:id:Natsucan:20201010113859j:image

OSAMUグッズが並ぶ この素敵さ!

 

本当はいっぱい写真とったんだけれど これから展示を見る人もいるだろうから

 

ここには載せないさー。

 


f:id:Natsucan:20201010113945j:image

今もあるといいなあと。思うCOMB!


f:id:Natsucan:20201010114009j:image

人に夢を与える素敵なイラストレーターさん。

 

コロナ禍だから よけいに 目で見るイラストからあたたかな幸せを感じるね。

 

人の心を和ましてくれる。

 

来て良かった♪


f:id:Natsucan:20201010114237j:image

 

 

 Osamu Harada : Finding“KAWAII
https://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/10490/